新規事業の立ち上げにお困りの方、組織の生産性向上にお悩みの方のために、ビジネススクール、
研修開発、コンサルティングなどを通して、事業創造支援、起業支援、組織開発支援を行っています。

人に関する問題、事業創造に関するご相談
03−5371−3181 平日9:00〜19:00
トップページ » 起業家インタビュー » 起業家インタビュー Vol.3 » 株式会社SORA 玉井 勝善 社長

起業家インタビュー 株式会社SORA 玉井 勝善 社長

株式会社SORA 玉井 勝善 社長


反対に、創業時のすごく良かったなあという話も聞かせてください。たとえば最初のお客さんについてなど

チアーズの一発目のお客さんは、私が前職で副社長をやっていた株式会社タイムラインです。

これは本当に助かりました。

タイムラインは当時、それなりに利益が出てきた頃で、こちらに資本金が少ないのを知っていた代表の高田が、玉ちゃんところの初めてのお客さんになってあげようと、一ヶ月50万円位の営業契約をいただきました。

50万円もいただいたら、ほとんどフルで働かなきゃと思っていましたね。

でも、チアーズも大変な時期でしたからタイムラインの営業に全ての時間を割くことはできません。
そこで、タイムラインの経営的なことに相談に乗る、コンサルティングのような立場も含めてということで6ヶ月間契約を続けてくれました。それが本当に大きかったです。

それがなかったら死んでいたと思いますよ。

タイムラインも年間売上が2000万円くらいの会社ですから、チアーズに毎月50万支払うのは大変なことだったと思います。よく出してくれたなーと、今でも本当に感謝しています。

資本金はいまおいくらですか?

3000万円です。

それは全部自己資本ですか?

私が8割くらいで、あとは役員、社員、外部の個人など。事業会社は入っていないです。

外部から出資してもらったことはない?

昔はそういう考えもありましたが、面倒くさいというか、自由にできなくなる可能性があるので結局やりませんでした。

ただ、最近は割と柔軟に考えています。

事業会社さんと、事業上でシナジーが生まれるのであれば、持ち合ったり、買っていただいたりするのも良いかなと思っています。

創業4年目に、チアーズとタイムラインが合併して株式会社SORAになりますね。これはどういうきっかけだったのですか?

当時、タイムラインの高田社長と私は、月に一回、社長会と称して二人で飲んでいました。

お互いの悩みを聞いていると、それは自分がいたらクリアできるのに、とか、それ高ちゃんがいてくれたらクリアできるよね、という話になります。

タイムラインは営業で困っていて、チアーズは技術で困っている…ということは、お互いに補完しあえるのではないかと。

数年前に高田社長とは、彼が社長で、自分が副社長として、一緒に働いていた仲ですから気心も知れている。

ところで、なぜ俺達は別れて仕事をすることになったのだっけ…?高田がそのとき「まあ、玉ちゃんが社長をやりたいっていってたからなあ」このタイミングでまた一緒にやるのもいいかもしれない、

そう思い始めて半年後くらいに、私から切り出しました。

それぞれができること、リスクやメリットをしっかり考えた上で、もう一度一緒にやろうと。

私は起業家、リーダータイプ。彼は本業をしっかりできる人。

だから今回は、私が営業で、彼に中のことは任せる!と。これで今までの悩みが一気になくなると思ったのです。

ところが、これが大変でしたね。合併した後に、自分が鬱病になりました。

会社に行きたくないし、会社に行こうとするとお腹が痛くなるし、会社にいても涙が出てきました。

本当に辛かったです。合併直後の社員は、元チアーズが12~13人で、タイムラインが6~7人位のあわせて18~20人。

元チアーズの社員は良いのですが、元タイムラインの社員は高田という人物の魅力に惹かれてついて来ているわけです。

私と高田は、全然タイプが違う。彼は非常に頭が良く、緻密で仕事もできる。自分は勢いがあって常に前のめりなのですが、非常に大雑把である。

元タイムラインの社員からすると、今までの意思決定と随分と違ったんでしょうね。当然ビジョンもタイムラインのときと変わりましたし。

そうなったときに元タイムラインの社員が、噛み付いてくる。ようするに反乱が起こりました。そんな状態だったので、合併後の一年間は外向きの仕事は全然できませんでした。

たとえば結局、最初の賞与が出た給料日の次の月に、辞表が並びました。元タイムラインの社員はほとんどやめましたね。それも、かきまわして辞めました。

自分の悪口もたくさん言われました。

合併する目的は、両方の会社の社員に対して、規模を拡大することで、ひとつの会社ではできなかった、もっと大きな幸せをつくろうという気持ちでした。

みんなをハッピーにしたいと思っていたのに、自分はなぜみんなを苦しめているのだろうと思ったときに、自分の存在意義が分からなくなってしまいました。

自分がやっていることは、人を不幸せにしているのか?と思った瞬間に、精神が壊れてしまった。それを乗り越えるの結構時間がかかりましたね。




 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
wbs
プロフィール
dreamgate.png
企画経営アカデミーは 新しいビジネスにチャレンジする、起業家の成長を支援しています。

代表の大槻が2003年より始めた塾からは、メディアにも取り上げられるスタートアップ起業家を何人も輩出。

最新のシリコンバレー流起業理論と、心理学を掛け合わせ。人間性中心の起業支援は日本でもここだけです。

起業理論をただコンサルティングするのではなく、起業家自身の人間的成長を中心にサポート活動を行っております。

詳細はこちら
HOME | 起業セミナー | 起業支援サービス | 起業支援ブログ | 起業オンラインセミナー | 起業家インタビュー | 企画経営アカデミーとは | プライバシーポリシー | お問合せ | サイトマップ