新規事業の立ち上げにお困りの方、組織の生産性向上にお悩みの方のために、ビジネススクール、
研修開発、コンサルティングなどを通して、事業創造支援、起業支援、組織開発支援を行っています。

人に関する問題、事業創造に関するご相談
03−5371−3181 平日9:00〜19:00
トップページ » 起業家インタビュー » 起業家インタビュー Vol.2 » 株式会社スマイルズ 遠山 正道 社長

起業家インタビュー 第二回 株式会社スマイルズ 遠山 正道 社長

株式会社スマイルズ 遠山 正道 社長


それは「なぜやるのか」ということを大事にするということですか?

じゃないとできない。
今の世の中、需要と供給でいうと、供給が需要の何倍もあって、物があふれているし、飲食店だってそうです。その中で、普通にやってもうまくいかないと思った方が良いと思うんですよ。




それにはやっぱり「やる意味」とかがないと、周りを巻き込んでいけないわけだから、みんなで一緒にやるものに、納得性がないといけない。

自分のしたいことだけを押し通すのではなくて、ちゃんと周りとバランス良くやる、ということですか?

そうです。
ただ、分かりやすくて、格好よくないといけない。



ベキ論だけを言っても、そんなの誰かが勝手にやればいいという話になってしまう。
やっぱりそこは面白くて、チャレンジングで、すげー、みたいなものは必要なんです。

目標とされていた50店舗は達成されたわけですが、その成功にはどういった考え方、マインドがポイントだったと思いますか?

「意義」だと思います。

仕事はどっちかというと大変なことの方が多くて、スープだって毎日毎日立ち仕事だし、単純作業の面もある。

そんな中でみんな 10年がんばって続けていられるのは、なんか「世の中の体温が上がれば」とか、「女性が一人で行けるところがなかったよね」とか、そういう「意義」みたいなものがあるからです。



儲かる、とか、格好良い、とかだけだと、続かないと思うんです。

本当に大もうけできて、というのはそれはそれで悪い話じゃぜんぜんない。



でも、ダメになってきた時に、なんでやってるんだっけ?みたいな話になってしまう。



儲かるはずだからやってるんだ、となると、その倍、損する可能性だってあるわけだし、リスクは当然いつもある。

だったらやめとこうよ、みたいな、ことになりますよね。

最後に、起業を目指す人に一言、お願いします

自分の「手持ちカード」と、「世の中」との、良い掛け合わせを見つけて欲しいですね。

例えば私の場合、「アート」という切り口、つまり、「アート」という「手持ちカード」があります。



でも「アート」と言っても、アート業界から見たら、それで食べていけるわけではないし、別にすごく詳しいわけでもない、

だけど、ビジネスというフィールドの中においては、「アート」とは、自分で考えた美しいものや想像しているものをカタチにしていく、ということだったんですね。



そういう意味で言うと、「事業」と「アート」はとても似ていて。

今のは「アート」という切り口でしたが、例えば私は、「東京の青山で生まれた」ということを、やはり一つの「カード」にしているんです。



「遠山さん青山で生まれて、羨ましいな」って思うかもしれないけど、僕にはそれしかないから、そのカードを握りしめているんです。



例えば、北海道で生まれた人だったら、窓を開けると山があって、その水がおいしくて、とか。

あるいは、親は岩手県で農家をやっていて、一声かければ村のみんなが集まってくれます、とか、そういう方が、格好よかったりしますよね。



カードは「オレはこれしかないんだ」という思い込みでも良いと思うんです。

私にとって「青山生まれ」はひとつの「カード」なんです。 


そして「ファーストフード」は、私からすると、前は「格好よかった」のに、今は「安かろう悪かろう」になってしまった。



でも、悪い物は良くなれば価値になるから「ファーストフード」を自分のカードにして、もっとこうすれば良いな、とか、思い始めたんです。

「自分のカード」と「世の中の動向」とか「やるべき」みたいなことがうまくかみ合うと、独自の切り口になるし、もともとうまくいかないことでも、踏ん張ってやっていけるようなものにもなっていくと思うんです。



だから「自分のカード」と「世の中」との、良い掛け合わせを見つけて欲しいですね。

編集後記

インタビューを終えて、遠山社長はアーティストとしての表現欲求と、ビジネスマンとしてのリスク管理のバランスがとてもとれた方だと思いました。



起業のきっかけは絵の個展にあった、とおっしゃられている通り、遠山社長は、ご自身の絵で個展を開催できるほどのアーティストでもあるのです。

得てしてアーティスト気質の人は、自分が表現したいものを優先させるあまり、商業としての観点を忘れてしまう傾向にあります。



しかし、遠山社長はご自身の思いを追求しながらも、常に周りとのつながりを大切にされていました。



私も経営者として、遠山社長のバランス感覚を、ぜひ学んでみたいと感じたインタビューでした。




*追伸* 遠山社長は、スープストック東京を立ち上げてから軌道にのせるまでの様子を綴った本を書かれています。

経営の参考書として、一読をお薦めします。


 
スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る





 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
wbs
プロフィール
dreamgate.png
企画経営アカデミーは 新しいビジネスにチャレンジする、起業家の成長を支援しています。

代表の大槻が2003年より始めた塾からは、メディアにも取り上げられるスタートアップ起業家を何人も輩出。

最新のシリコンバレー流起業理論と、心理学を掛け合わせ。人間性中心の起業支援は日本でもここだけです。

起業理論をただコンサルティングするのではなく、起業家自身の人間的成長を中心にサポート活動を行っております。

詳細はこちら
HOME | 起業セミナー | 起業支援サービス | 起業支援ブログ | 起業オンラインセミナー | 起業家インタビュー | 企画経営アカデミーとは | プライバシーポリシー | お問合せ | サイトマップ