新規事業の立ち上げにお困りの方、組織の生産性向上にお悩みの方のために、ビジネススクール、
研修開発、コンサルティングなどを通して、事業創造支援、起業支援、組織開発支援を行っています。

人に関する問題、事業創造に関するご相談
03−5371−3181 平日9:00〜19:00
トップページ » 起業家インタビュー » 起業家インタビュー Vol.2 » 株式会社ビー・スタイル 三原 邦彦 社長

起業家インタビュー 株式会社ビー・スタイル 三原 邦彦 社長

株式会社ビー・スタイル 三原 邦彦 社長


創業時期で、大変だったことは何ですか?

大きく二つありますね。
 
一つが3年目のとき。
 
起業して1年目は、組織などがなくても、成り立つわけじゃないですか。
 
みんなそれぞれのプロとして、仕事をすれば良いわけですから、最初は本当に順調に売上げがあがったんです。
 
けれども、2年目の後半くらいから、中途採用を中心にして、人を入れ始めたんですよね。そうしたら、一挙に、労働生産性が下がって行ったんです。
 
入社したばかりのメンバーが、すぐにパフォーマンスを発揮することができず、3年目だけは、赤字になりましたね。
 
もうひとつ、大変だったのは、サービスの売り方です。
 
ビジネスモデルとは、商品があって、その商品にとって最適な売り方は何であるのか、というのを探して行くものだと思うのですが、新しいビジネスって、その売り方を見つけるのに、ものすごい時間がかかるんですよね。
 
はじめはお客様にサービスを理解されにくかったため、いろんなことを試そう、ということで、3年目はがむしゃらに試してみました。チラシを作ってみたり、セミナーをやってみたり・・・。
 
しかし、結果はあまり変わりませんでした。今までの売り方が一番ベストでしたね。

赤字から脱したポイントは何でしたか?

経費をできるだけ使わずに、コツコツ営業をし続けて、利益を出す、というごくシンプルなことです。それ以外、他には何にも無かったですね。
 
ここ1〜2年はリーマンショックの影響で、弊社も大きく販売管理費用の見直しを行いましたがやればやるほどコストダウンはできるものだなあ、という風に思いました。
 
コストに対してシビアに考えていくことは、すごく重要だと思いますし、ダイエットみたいなものですから、毎日続けていかなければだめですね。
 
そして、その考えを社員に理解してもらい、浸透させ、カルチャーにしてかなければいけない、ということです。
 
コスト削減を、会社のマネジメントサイクルにしっかりといれていく、ということはしていますね。

一発逆転や大発見ではなく、基本の繰り返し、ということですね

そうです。
 
今もそうですが、これからもずっと自己資本比率は50%で経営していく、ということは決めているんです。
 
なぜかというと、リーマンショックなんかを見ても分かると思うのですが、優秀なアナリストでさえ、いろいろと予測をしても、外れているじゃないですか
 
今の経営環境というのは、将来を予測することは、あんまり意味が無いと思うんです。
 
となればもう、何があっても大丈夫な強い会社を作る、という結論しか無いんだと思うんです。
 
景気が良いときはちゃんと自己資本を厚くして、景気が悪くなったときは、自己資本をきちんと維持をしながら経営をしていく、ということが、強い会社の条件だと思います。
 
景気の良いときは貯める。景気の悪いときに攻める。

そして、攻めるけれども、マネージメントはしっかり管理していくわけですね?

そうです。
 
経営システムをきちんと強化していくことは、すごく重要だと思います。
 
単純な話をすれば、出をおさえて、入りを多くする、ということに、いかに集中するかだと思います。

会社の売上げを、いくらまでにしたい、という夢はありますか?

100億円です。
 
なぜかというと、100億円というのは、世の中にとって必要な会社としての定義だと、考えているからです。
 
そして、次のステップとして1000億円というのが、世の中にとって必要不可欠な会社の定義であると思っています。
 
たとえば、近所のコンビニがなくなると困るじゃないですか。携帯が使えなかったり、電気やガスが 使えなくなっても困りますよね。
 
これらの企業は1000億円単位の大きな会社ばかりです。必要不可欠な存在である証拠です。
 
まずは、売上げ100億円を目指し達成した暁には、1000億円を目指すような会社にしていきたいと思います。
 
世の中にとって必要不可欠な会社にしていきたい、という思いなんですよね。

社長として覚悟していることはありますか?

お客様を満足させること。社員を幸せにすること。会社を成長させること。株主に利をもたらすこと。
 
この4つは、とにかくしっかり取り組んでいきたい、と思っています。
 
自分の会社に関わる全ての人たちを、どれだけ幸せにできるか、ということに対する
覚悟は、すごくあると思います。
 
社員一人一人が、クライアント様にどれだけ満足してもらえるのか、登録したスタッフにどう満足してもらえるのか、といったことについて、真剣に考えて取り組んでいくような会社にしていきたいな、という思いがあります。

改めてそれを確信したことはありますか?

会社というものは、社会システムのひとつだと思うんです。社会インフラの1つだと。
だから、社会にそぐわないようなことをやったとしても、結果的にうまくいかないという実感が、どこの会社でもあると思うんですよ。
 
会社を通じて生まれた価値やお金が、人の生活を作っていく、ということも事実ですし、お給料を発生させるわけですから、雇用という点においても、会社は社会的に公器な存在なのだと思います




 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
wbs
プロフィール
dreamgate.png
企画経営アカデミーは 新しいビジネスにチャレンジする、起業家の成長を支援しています。

代表の大槻が2003年より始めた塾からは、メディアにも取り上げられるスタートアップ起業家を何人も輩出。

最新のシリコンバレー流起業理論と、心理学を掛け合わせ。人間性中心の起業支援は日本でもここだけです。

起業理論をただコンサルティングするのではなく、起業家自身の人間的成長を中心にサポート活動を行っております。

詳細はこちら
HOME | 起業セミナー | 起業支援サービス | 起業支援ブログ | 起業オンラインセミナー | 起業家インタビュー | 企画経営アカデミーとは | プライバシーポリシー | お問合せ | サイトマップ