あなたの脳をポジティブにする方法 (Entreprenuer)

Wind Turbines本日紹介する記事はどのようにポジティブでいるか、という内容をEntrepreneurのNadia Goodman氏の記事からご紹介いたします。

起業家には失敗はつきものです。先日もお伝えした通り、あのスティーブジョブスもたくさんの失敗をおかしてきました。そして、その失敗から学習をして、成功へとつなげていきました。ただ、失敗した後にどのようにポジティブにいられるかという事も非常に重要なポイントになってきます。さもなければ、次の挑戦に向かって成功へと進んでいけないからです。では、どうの様にポジティブで
いる方法があるのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

”How to Train Your Brain to Stay Positive”

“あなたの脳をポジティブにしておく為のトレーニング方法”

 起業家としてチャレンジングな事と失敗を克服するという事は、あなたのビジネスでの成功に必須事項です。あなたは、タフな局面にあるときに脳をポジティブにしておく方法をトレーニングによって得る事ができるのです。

”人々は彼らの失敗や、消極的な事に対して知覚的な先入観を持っている”と、心理学者であり、組織開発のコンサルタントのMatther Della Portah氏は述べています。私達の脳は、マイナスの情報をより求め、また記憶により素早く溜め込んでいく傾向があるのです。

もちろん、その先入観はいつも悪いという訳ではありません。問題を認知するという事と失敗に直面する事は、私達をより良いソリューションへと導いてくれます。しかし、頻繁すぎると、私達はやり過ぎてしまい、失敗の為に自身を打ちのめしたり、また自身をネガティブな状態に居座らせてしまいます。

私達の集中力を常にポジティブにしておく事によって、私達はバランスを保つ事ができます。私達は、自身をやる気にさせ、生産的にし、成功させるような状態にしながら、自身を落ち込ませる事なく失敗とチャレンジに向かわせる事ができるのです。

あなたの脳をポジティブにトレーニングする3つのヒントを是非試して下さい。

1、感謝の気持ちを示す事

ネガティブな出来事は、あなたが常にそれらのバランスをとってあげない限りあなたの前に大きく迫ってきます。”あなたがチャレンジングな事に直面した時、あなたがうまくやっている事を貯蓄しておく事が重要です”と、Della Porta氏(※米国の心理学者)も、言っています。あなたの人生のゴールを考える事も、あなたの脳にポジティブな事を思い出させながら、そのマイナスな事に対しての先入観とのバランスを持たす事を手助けします。

ポジティブな事をあなたの脳に蓄える為に、だれがに対して、なぜ感謝しているかを週に一回は熟孝しましょう。あなたを助けている事、例えばあなたが追い求めているキャリア、サポートしてる家族、などを書き出してみましょう。もしあなたが毎日する方がいいならば夜にその日起きた良い事をログとして残しておきましょう。”それらは短くしておきましょう”、また”もしあなたが感謝をしないなら、そのログははただの平凡なものとなるでしょう”。ですので、例えば初日に何も思いつかないのであれば、Apple製品について書くとか、無料のEmailマガジンなどについてでも書き出しの助けになるでしょう。

2、ポジティブな主張を繰り返そう

政治家やアドバイザーが熟知している様に、メッセージをより多く聞けば、よりあなたは信じていくでしょう。同じ様な事が、あなたが誰で、あなたが何ができるかというメッセージにも言えます。毎朝何回も宣言をしながらポジティブな主張を繰り返す事で、あなたの脳がそれらの主張を信じる様にトレーニングできるのです。”時間が経てば、あなたはそれらを自身の脳にしみ込ませる事ができます”Della Portaは言う。あなたが人の目などを気にするシャイな人であれば、声に出さずにやれば良いのです。

例えば、”私は何であろうと私の前にくるものはできる”、”時間はいくらでもある”、また”私は毎日成長している”のように、あなたの価値観やゴールを示す主張を2つ3つ選びましょう。ポジティブな事を繰り返し言う事は、あなたをよりはつらつとさせながら、あなたがネガティブな事を解釈する方法に影響を与えていきます。”特に、もしあなただ、ネガティブな考えをおく傾向があるならば、これは非常に有効です”と、Della氏が述べています。

 3、ネガティブな考えに挑戦しよう

ネガティブな事が持ち上がるたびに、私達はどのように反応するか選んでいます。もし、何かの機器に残すようですと、あなたは引きずる傾向があるでしょう。私達の脳がネガティブな事柄に住み込む様になってしまい、それらのネガティブな事はより大きくなり、また実際の問題よりも大きくなってしまいます。これらと戦うには、あなたが観察できたりするような、あなた自身から切り離して想像する様にしましょう。”その様な状況に住み着く代わりに、自身を距離のあるところにおきましょう”Della氏が述べています。

次に、自身を不公平に非難しているようなネガティブな考え方に挑戦しましょう。例えば、もしあなたのスタートアップが望む様な求心力を発揮しない時、あなたは、”失敗した”と考えるかもしれません。それは真実ではなく、生産性のある事ではありません。代わりに、同じ事を違う解釈ができる様に練習しましょう。例えば、私は衣装懸命やった、でも私はマーケットの思いがけない展開を読めなかった。だから失望はしたが、新しい情報ともにもう一回チャレンジする、などの様にです。いまの解釈は、より真実に近く、優しく、前向きです。”最初は、難しく本当にうまくいかないと考えるでしょう”Della氏いう。しかし時間が経てば自然と、ネガティブな考えは持ち上がらなくなります。誰もこんな事を自然に行っている訳ではないので、あなたにも学んで試してみる必要があるかもしれません。

原文へ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてどうでしたでしょうか。本日の記事はセルフマネージメントに近い内容でした。様々な問題が発生したときに反省するという事は重要です。ただし、その反省というのもある程度客観的に物事を捉えないと自身を責め立てる事にもなりかねないという事は事実だと思います。やはり、そのような時は生産性が下がったり、ミスが生まれたり、モチベーションが下がったりしてしまうのです。毎日ポジティブにいたいと思われる方は是非本日ご紹介した内容を試してみられてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 海外起業関係記事紹介 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。