必見!時間短縮の技術4選

a0002_001581多くのビジネスマンや起業家は、時間に追われて生活をしています。そのため、1日の仕事が終わって家に帰っても、数時間で出社しなければならないなんて事も少なくないはず。しかし、そんな余裕のない生活をしていては、仕事において良いパフォーマンスを発揮する事は難しいといえます。そこで、今回は日々の生活に余裕を持たせる為の技術を4つに絞ってご紹介します。

 

1 タスクに優先順位を付ける

忙しいビジネスマンや起業家は日々、様々な種類のタスクをこなす必要があります。もしも、それが膨大な量であれば頭が混乱してしまう可能性も少なくありません。混乱を防ぐ為にタスクの優先順位を付けましょう。ここで重要なのは、明確な順位を付けるという事。「全人類の2%以外はマルチタスクに向かない」という調査結果もありますが、ほとんどの人は複数のタスクを一度にこなす事には向いていない事が科学的に実証されています。また、企業の幹部が翌日の優先順位を前日の夜に決めておくようにしただけで会社の業務に著しい改善が見られた例もあります。「順位」を付ける事によって、その時にやるべきタスク一つに集中できる環境を作る事が大切なのです。

 

2 計画に余裕を作る

計画や予定にゆとりを持たせる事の重要さは、特にクリエイティブな能力を必要とする分野の職業に就いている人の多くが訴えています。世界最大の時計製造会社「Swatch」の創業者、ニコラス・ハイエック氏は「時間を無駄にせずに、予定を立てて行動すること。ただし、予定表をすべて埋めてはいけない。それでは独創力が死んでしまう。」と述べ、余裕のある計画とクリエイティビティの関係性を説いています。また、完璧な計画を立てたとしても、電話がかかってきたり、予想外の来客があったりと、あなたの仕事を中断させてしまう出来事は毎日のように起こります。余裕を持たせる事でこうした予定外の出来事によって、未然に計画がそう崩れに成る事を防ぐ事ができるのです。

 

3 今出来る事は今やる

今出来るのに、どうしても後回しにしてしまう経験は誰にでもあるのではないでしょうか。しかし、この行動は時間を無駄にしている以外の何ものでもありません。例えば、ダスキンの加盟店業務を手がける「株式会社 武蔵野」の社長である小山昇氏も、直接、人の紹介を頼まれたら、その場で電話の取り次ぎ等をし、後回しにしないといいます。こうすることで、目の前にいる人と別れた後に再度、連絡を取る時間を短縮する事ができるからです。この例のように、後回しにしてしまえば、その時にする以上に様々な時間のロスを必要とする事があります。今やるべき事や出来る事はその場でしてしまいましょう。

 

4 集中して物事に取り組む

「時間が無い」といつも言っている人は、結局のところ集中すべき時に集中していないなんて事も少なくありません。様々なテクニックを使い、綿密な計画を立てて、時間を生み出す事も大切ですが、最終的に最も効率的なのは、やるべき事をやるべき時間内で終わらせてしまう事です。そのためにも計画を立てたら、他の事は気にせず、目の前のやるべき事に集中して取り組みましょう。それが時間を生み出す一番のコツだといえます。毎日出来る限り集中して仕事をする環境作りを心かけましょう。以下のリンク等も参考にしてみて下さい。

 

 

 

・「仕事に集中する30の工夫

・「仕事中の雑念を取払い、集中するための10のテクニック

・「スティーブ・ジョブズも毎朝やっていた! 集中できない時の最終兵器

 

 


カテゴリー: 起業お役立ち情報 パーマリンク

コメントは停止中です。