起業して3年以内にあなたのビジネスを強くする方法

MP900382663本日紹介するのは、どのように3年以内にあなたの会社を大きくすべきか、という内容をEntreprenuerJim Joseph氏の記事から紹介します。

起業する際に、数カ年先の計画をもっていますでしょうか?それとも、起業することが目標になっていませんでしょうか?起業することが目標になっている場合は、起業したあとに迷走してしまうケースが非常に多いです。

そのため、起業後にも目標をもつことが重要になってきます。本日は、その目標をどのようにたてればよいかをお伝えします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“How to Grow Your Startup Into a Powerhouse in Less Than 3 Years”
“3年以内にあなたのスタートアップをマッチョにする方法”

あなたのブランドが成功するためにゴールの設定は非常に重要です。そして、スモールビジネスのオーナーとしての責任はあなたの肩に容赦なくのしかかります。そのため、あなたはいろいろな問題を解決したり、顧客のニーズをリアルタイムで解決するなどの重要なことで、毎日いっぱいいっぱいになる可能性があります。

私の例で言うと、じつは私も日々に業務の火消し作業の方が、長期的なプランを考えているよりも多いです。

一方で、有名で大きなブランドは、恐らくプランニングを作るのに時間をかけ過ぎです。彼らは、プランをどのように実行するかのセッションをもうけていますし、プランニングを仕事としている人達を雇っています。

ですので、彼らは何かしらの目標には向かっています。もちろん、ゴールがないと瞬間的に生きていることですし、失敗から失敗を繰り返すだけでしょう。あなたのビジネスでも目標が無ければ、前進することもないでしょう。

朗報なのは、少しの計画でも長く前進できるということで、例えあなたのビジネスがどんなに忙しくてもです。毎日の業務を克服して、自分たちの努力に集中できる数ヶ月、少なくても数週間の予定を立てましょう。ゴール無くして、プランを持つことはできません。では、ゴールを決めてみましょう。

長期的な目標

ゴールを設定するとき、遠くを見つめることと自分自身にいくつかの質問をしてください。
5、10、15年後に自分のビジネスがどのような状態になっていたいか?
あなたのビジネスのゴールは?
あなた自身が何を達成したいのか?
このようなゴールが無ければあなたのブランドは目的がありません。一方で、明示されたゴールがあれば、現状抱えている問題、そして長期的な目標を達成させることができます。

一年後

12カ月後に何を達成したいかを計画し始めることに決して遅いということはありません。おススメなのは、その一年後のあとも計画することで、この12カ月の先の地平線まで見えることができます。いくつかの目標に関しては少し時間がかかるかもしれませんが、その時はさらに長期的な目標を設定すればよいのです。

3年間計画

理想としては、長期的なヴィジョンを実現させる為のしっかりとしたステップ作りを可能にする3カ年計画がおススメです。

あなたのマーケティングプランは5、6ページンいなってもういいでしょうが、そんなに複雑なものは必要ありません。もしもプランを作るのにあまりにも手間がかかるならば、そのプランを終えることはできないでしょう。なので、簡潔なものの方が、ものすごく長いプランよりもよっぽどよいです。

あなたの3カ年計画はあなたのビジネスがどういったものであるか、短期的にも長期的にも目標を達成するためにどういったことが必要かをきちんと示す、生きた書類でなければいけません。その計画になは、あなたが学習してきた教訓、改善されたビジネスに対する考え方も含めるべきです。

このプランニングを毎年しましょう。あなたの顧客が素晴らしい体験をすることができるためだけでなく、あなたのビジネスが大きく成長できるためにもです。

参照元:How to Grow Your Startup Into a Powerhouse in Less Than 3 Years
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、どうでしたでしょうか。

起業をする際に、1番危険なのは起業が目的になっているケースです。そういった場合は、もっている情熱が起業をすることに向いているため、起業した後にエネルギー源となる”なぜ起業したのか”というものがありません。

そういったケースでは、いくら会社を大きくするためのヒントがあっても仕方ありません。そういった場合は、自身がなぜ起業をするのか、もしくは起業をしているかということを見つけてから計画を立てた方が当然よいです。

もしも、すでにあなたに大きな目標があって起業している理由がり事業を大きくしたいのならぜひこの方法を試してみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 海外起業関係記事紹介 パーマリンク

コメントは停止中です。