起業家が従うべきソーシャルメディアでの5つのルール

さて、本日お伝えするのはどのようにソーシャルメディアを使うべきか、という内容をYoung EntreprenuerBrian Patrick Eha氏の記事から紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“5 Social Media Rules Every Entrepreneur Should Know”
”ソーシャルメディア上ですべての起業家が従うべき5つのルール”

ソーシャルメディアは、ユーザー達を1対1でつなげて、リーディングカンパニー達と新参者との関係を、国際企業のCEO達と中小企業のオーナー達との関係を、すべて平らなものにしてしまいます。しかし、メディアでの上っ面はうそにもなります。また、ほとんどのソーシャルメディアユーザーは平等に接してくれますが、いくらかの人はお気に入りに対して贔屓をします。

5oo人のフォロワーと、50万人のフォロワーとの違いは何でしょうか?ソーシャルメディアの使い方のうまい有名人達は他のだれよりもアドバンテージを持っています。ソーシャルメディアでのお気に入りになった人達は、さらに自然とよりファンになっていきます。そして、あなたもその方法から学ぶ事ができます。

あなたのビジネス戦略へ違いを生むための影響力を強めるには彼らから5つの方法に従えばよいのです。

1、質の高いコンテンツを生み出すこと

1-quality

もしソーシャルメディアをうまく使いたいなら、まず絶対にコンテンツの質を高めること、です。”コンテンツは2要素あります”と、ソーシャルメディアの本The New Relationship Marketing: How to Build a Large, Loyal, Profitable Network Using the Social Webの著者で、ソーシャルメディアのプロMari Smith(以下スミス氏)が述べています。”ソーシャルメディアは、リーダーになる事のできるツールです”。そして、もう一つの要素は、OPCと”other people’s content”、つまり他の人のコンテンツをシェアする事、です。この事をうまくバランスをとって行なっているのが、起業家でもあり、投資家、そして作家でもある、Guy Kawasaki(以下ガイ氏)です。”彼は非常にうまく他人のコンテンツと、自身のアイデアなどを混ぜています。”と、スミス氏も言っています。それだけでなく、Twitterの分析ができるアプリケーションのTwitter bioによると、ガイ氏はユーザーにきちんと届く様に全ての米国内の4つのタイムゾーンで1回ずつツイートをしています。

もちろん回数は質とは違います。しかし、ガイ氏のすごいところは、”その質をきちんと管理していること。そして、私もその内容をざっと読んで、私のフォロワーにも共有できる事が毎日いくつもあることです”とスミス氏も驚いている。

2、オープンになって対話すること

2-open-engaging

ソーシャルメディアでは、自分のオーディエンスに対して反応ができるという事が重要です。そして、Gary Vaynerchuk(以下ゲイリー氏)程、そのことができている人はいない、とスミス氏は言っています。また、”Twitterでは、彼は非常に活発にRetweetに反応しています”そして、”Retweetしてくれた人達に平等に接して、しかも驚異的な早さで反応しています”。と、評しています。

こんな時間のかかる事の何がゲイリー氏にとってよいのでしょうか。夢中なフォロワー達は彼のビジネス本にとっても、彼のコンサルティングビジネスにとってもよいのです。”みんなゲイリー氏に夢中になっている”。そして、”もし彼らがもしもゲイリー氏からのメッセージを受けたら、仮に絵文字だけだとしても”おお、やったーメッセージを送り返してくれた”って大喜びしてくれます”と、説明しています。

3、ニッチを狙うこと

3-focus-niche

ソーシャルメディアでは、いろんな分野からもってきたコンテンツをごちゃ混ぜに提供するジェネラリスト系、もしくは2、3の分野に絞ってその分野に特化するタイプのスペシャリスト系になる事ができます。スペシャリスト系は、ジェネラリストよりもより情報に敏感にならなくてはいけない傾向が強い、とスミス氏も説明しており、その理由として、”ソーシャルメディアは非常に情報が多く、自身をより目立たせないといけない”からで、そのためには自身の専門分野を持つことが重要である、と述べています。

Tucson社の創業者であるJessica Northey(以下ジェシカ氏)は、Finder Candy Mediaというサイトを運営しカントリーミュージックを紹介しおり、ジェシカ氏は毎週TwitterChatとGoogle+をカントリーミュージックのファンのために使いチャットをしています。フォーブスによると、ジェシカはソーシャルメディアのインフルエンサーとして全米No.3の影響力を持っているとされ、50万人のフォロワーがTwitter上におり、Google+では70万人のフォロワーが彼女の影響をうけています。もし、カントリーミュージックが流れるエリアにいったら、ジェシカ氏の紹介した曲を誰かがさらに紹介した曲に出くわすことでしょう、とスミス氏も彼女の影響力の大きさを評しています。

4、ソーシャルメディアをビジネスで使うこと。また、その逆もしかり

4-social-media-build

起業家にとって、ソーシャルメディアに時間を費やす事は本来の重要な仕事から遠ざかってしまうような障害物の様に見えてしまうかもしれません。時間も費やす事にもなりますので、ソーシャルメディアを生業にしている企業にあなたのアイデアを伝えてもらう様にサポートをお願いした方がよいでしょう。Human Business WorksのChris Brogan(以下クリス氏)達はその一例です、とスミス氏がススメている。”彼は必ず約束を実行し、世界中に声を発信できる事、そして、ソーシャルメディアで多くの企業のコンサルティングをしています”。

他の言葉で言い換えると、クリス氏は彼のブログの投稿で彼の専門分野を説明し、ソーシャルメディアのプラットフォームをブログ更新の情報発信源にしていて、コーチングセッションや、その分野のオタク達に自身を知ってもらう様にメディアをつかっています。そのことによって、彼のソーシャルメディアでのフォロワーは増えており、ソーシャルメディアに早くから関わりを持つことによって彼自身をテコをきかせて目立たすことに成功している、とスミス氏は説明しています。

5、個々のソーシャルメディアをユニークに育てること

5-social-media-unique

個々のソーシャルメディアにはそれぞれの文化が存在します。そして、各プラットフォームのユーザー達は、異なるプラットフォームで情報をシェアするよりも同じプラットフォームで情報をシェアし合います。Cory Booker(以下コリー氏)は、Twitter、Facebookで120万人のフォロワーがいる一方で、別々の特徴をもつプラットフォームを個別に使い分けています。

”Twitter上では、他の人のツイートをRetweetして、彼のツイートにRetweetしてくれた人に対して感謝の気持ちをのべている”。加えて、コリー氏は、Twitter上で特別な目的があったり、なにかしらの会話に参加しているときによく使われるハッシュタグなどの使い分けをしています。

Facebookでは、対照的に、コリー氏はそこまで多く投稿をしていません。”ふつうはFacebookでドカドカ連続で投稿はしたくないでしょう”と、スミス氏も述べており、むしろ、もっと洗練された方法で彼の活動にかれのコミュニティーを巻き込む様に意図的にしています。例えば、彼が講演している時の様々な写真等を投稿しています。

いくらかのインフルエンサー達は、複数のプラットフォームで影響力を発揮しているが、ほとんどの場合2つで十分です。”Facebookと、あなたがちゃんと更新ができるプラットフォームがあれば十分なのです”とスミス氏もススメています。

参照元:5 Social Media Rules Every Entrepreneur Should Know

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてどうでしたでしょうか。

起業する場合にソーシャルメディアは無料で使えるツールとして非常に効果を発揮します。また、本記事内にあったとおり影響力にテコを効かせることが可能でたった1人で数十万人、数百万人にまで影響を及ぼすことが可能です。

今回の記事では、非常にシンプルな内容でしたがこれから起業しメディアの使い方の参考にしていただけたらと思います。


カテゴリー: 海外起業関係記事紹介 パーマリンク

コメントは停止中です。