シリコンバレーの起業家に共通する5つの成功法則 

MP900227554

本日の記事は、シリコンバレーの起業家の成功法則に関する記事で、EntreprenuerVictor Hwang氏の記事です。

成功のノウハウに関する本はたくさんのあるので読んだ事があるとおもいます。しかし、実際に起業家やVCがそのような記事を書いているケースは少ないものです。

今日の記事は、スタートアップの起業家でもあり、シリコンバレーのVCでもあるVictor氏が実際に見てきた成功している起業家の法則です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“The 5 Rules for Silicon Valley Success That Can Work Anywhere”

“どこでも使えるシリコンバレーでの5つの成功法則”

シリコンバレーの成功している起業家から学ぶことは、起業家としてより成功するために必要なことです。彼らから学ぶことは、あなたのビジネスが、どんな種類のビジネスでも、どこではじめようとしていても関係ありません。例え、あなたのビジネスが近所でおこなおうとしているスモールビジネスだとしても、イノベーションを起こすこと、環境に適応し成長する事はあなたのビジネスが生き延びるためにも非常に重要です。少し前まで生き延びることのできたビジネスも、今ではすぐに廃れてしまうのです。私はこの目でそういったケースを頻繁に見てきました。

ではシリコンバレーの起業家達はその変化にどのように適応しているのでしょうか。その方法は柔軟になることです。その柔軟性というのは、人々がどのようにお互いに関わりあうか、という見えないルールによって成り立っているのです。このルールは、いまだかつて無いほど早く変化するマーケットに対して、起業家がどのように変化しイノベーションを起こしていくか、という暗黙のルールを形成する鍵でもあります。

ここにシリコンバレーの起業家達が実践する暗黙のルールがあります。もちろん、あなたも実践すべきルールでもあります。

1、信頼する事、信頼される事

しばしば、シリコンバレー以外の場所からのビジネスは、シリコンバレーでのビジネスのコネクションを作ることに時間がかかる事があります。場所によっては、新参者は何十年も懐疑的な目で見られ続けられるものです。そういった風習は社会的に存在するものですし、地理的理由、ネットワーク、文化、言語、などの障壁は、ビジネスが生まれる以前から存在したものです。しかし、そういった障壁が人々によって取り除かれたときにイノベーションの起こる割合が高くなり、さらに外部との信頼の架け橋を作り出すものです。架け橋をつくることは非常に重要す。なぜなら、人々が異なるアイデア、バックグラウンド、能力、ネットワークを発揮したときにイノベーションが起こるからです。

2、公平である事、優位をとらない

ほとんどの人がビジネスをゼロサムゲーム(※だれかが得をすれば、その分だれかが損をすし、プラスマイナス零になるという考え)だと考えています。革新を起こす人達は、しばしば最悪のゼロサムゲームを起こすことがあります。しかし、優れたVCなどは、起業家を公平に扱わなくてはいけないと考えていますし、私達のような起業家たちも肝に銘じておかないといけないことがあります。それは、たった1人で革新的な事業を起こすことは不可能だということです。ビジネスにはパートなーが必要です。賢くビジネスをする人達は、人間味があり長期的にビジネスをみて、協力し合っている人達がみんなプラスになる様に考えています。逆に自分だけが短期的な得をするために自己中心的な考え方はしようとはしません。

3、活きたお金を使おう

有望な人達をランチに誘って、色々なネットワークにつなげましょう。不在着信があったら電話をかけ直しましょう。そして、メンターになりましょう。ひょっとしたら、将来的に何も得るものがないかも、とあなたは思っているかもしれません。でも、実際には計り知れない価値のあるものを手に入れることができるのです。それは、あなたに対するすばらしい評判です。あなたは、エキスパートで、人を大切にし、信頼できる人で、愛情のある人になることができるのです。それだけでなく、自身の考えを再確認することができますし、自身の考えが通用するかどうかも確認する機会を作ることができるのです。

4、心を開いて話を聞こう

私はピッチをしたことがあるのですが、とあるVCとのピッチでは彼は携帯電話でメッセージを打ちながら私のアイデアを終止聞いていました。彼は、素晴らしい機会を失ったのです。話を聞くということは、関係性を作る為に非常に重要ですし、ニーズを評価することでもあります。あなたが次のマークザッカーバーグになるかもしれない人のアイデアを吹き飛ばしたくないのなら話を聞くべきだと思います。質問をして、学習をし続けましょう。多様性のある意見や才能を評価して、新参者を見知らぬだれかにしないようにしましょう。

5、実験をして、繰り返しましょう

デザインをやっているスタンフォードでの友人から学んだことがあります。すべてのアイデアに”No”という代わりに”Yes”というのです。すべてのアイデアがよいのでしょうか?その後に、実を結ぶのでしょうか?もちろん答えは”No”です。しかし、悪いアイデアがない環境を作ることが重要です。それらのアイデアは、よいアイデアに生まれ変わる前の状態なのです。トーマスエジソンは、電球になる前の材料を2,000回試したといわれています。失敗はあなたを形作るものではありません。失敗はあなたを磨き上げるものです。失敗の恐怖心によって新しいことにチャレンジすることをやめない様にしましょう。その為にも、他も人にもアドバイスをもらいましょう。もしもそれでもうまくいかない場合は、その状況を見直して、もう一回チャレンジしましょう。

参照元:The 5 Rules for Silicon Valley Success That Can Work Anywhere
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、どうでしたでしょうか。失敗しない法則とは、究極のところ、成功するまで様々なチャレンジをし続けるということなのかもしれません。

エジソンの話はあまりにも有名で、失敗を数えきれないほどしてきた結果成功したというのは有名な話です。しかし、それだけ失敗をするだけの材料を色々な人からももらっていたということでもあり、実際にエジソンは非常に多くの研究者と同僚と一緒に研究をしていました。

成功する為には、様々な意見とアイデアを色々な視点で繰り返すということが非常に重要ということでないでしょうか。

 

 


カテゴリー: 海外起業関係記事紹介 パーマリンク

コメントは停止中です。