起業後苦労しないために、自分の得意分野のスキルに集中する

Businessman on Start Line of Running Tract起業家の中には、何もかも自分1人でやろうとする方が多いものです。しかし、起業で成功したいのなら、できる限り自分の時間を得意なところに集中させ、不得意なところは他の人に任せるようにするべきです。そんなことは当たり前だと思うかも知れません。しかし、いざ起業をしてみるとあらゆることにお金がかかるため、ついつい「お金を使うぐらいなら自分でやってしまおう」と思ってしまうのです。

例えば「税理士に頼むのはもったいないから」と自分で帳簿をつける。「ホームページ業者に依頼するのがもったいないから」と自分で作成する。そんな具合に、何でも自分で背負いこんでしまうのです。果たしてこれはコストダウンにつながっているのでしょうか。

事業運営で大事なことは「投じたコストに対して、どれだけリターンを得たか」ということです。例えばホームページの作成を行うとしましょう。専門業者に依頼して30万円の費用をかけても、60万円の売上げが得られれば30万円の利益になります。一方、業者に依頼せずに自分で作る場合は、作成にかかる費用は0円。その結果30万円の売上げを得れば、利益は業者に依頼したときと同じ30万円のように思えます。ところが、この場合は自分の給与(コスト)を含んでいません。自分の月給を30万円、ホームページの作成に1ヵ月を費やしたとすれば、全く利益がなかったという結果になってしまいます。

「自分でやってしまった方がコストが低い」と思ってしまうのは、起業家の多くが陥る罠みたいなもの。実は慣れていない仕事を自分で行う方が、費用対効果が悪かったりするのです。「忙しいのに全く利益が上がらない」という状況にならないためには、まず自分のスキルの「棚卸し」をすること。

「知っていることは何か」「仕事としてできることは何か」「お金をもらって人に教えられることは何か」を仕訳けした上で、「自分で知っている業務であり、自分にもできる業務であっても、仕事としてお金を取れない業務はやらない」と決めることが肝心です。

たとえば事業計画書の見栄えを良くしてブラシュアップするような業務が必要になった場合。あなたがパワーポイントを使うことができれば、デザインなどの本を参考にブラッシュアップすることはできるでしょう。しかし、デザイナーに依頼して作成してもらった方が大幅に時間を短縮できることはもちろん、より訴求力の高いものが完成するはずです。

 

「できること」と「お金をもらえること」は違います。そのあたりをよく理解し、「お金をもらえる業務」に集中すること。そして、それ以外は他の人に任せること。このマインドが身につけば、あなたはそれほど苦労せずに成功できるはずです。


カテゴリー: 起業基礎講座 パーマリンク

コメントは停止中です。