新規事業の立ち上げにお困りの方、組織の生産性向上にお悩みの方のために、ビジネススクール、
研修開発、コンサルティングなどを通して、事業創造支援、起業支援、組織開発支援を行っています。

人に関する問題、事業創造に関するご相談
03−5371−3181 平日9:00〜19:00
トップページ » 起業家インタビュー » 起業家インタビュー Vol.3 » 株式会社SORA 玉井 勝善 社長

起業家インタビュー 株式会社SORA 玉井 勝善 社長

株式会社SORA 玉井 勝善 社長


プロフィール:玉井 勝善代表取締役社長


1993年4月流通経済大学 経済学部 経済学科 入学
1996年4月~大学在学中、1年間休学しNew Zealandに滞在。「生きる事の意義」「世界観」という大きな財産を手に入れ、起業のきっかけとなる。
1998年4月トッパンエムアンドアイ株式会社(システム会社) 入社
1999年11月トッパンエムアンドアイ株式会社退社後、モジュレ株式会社 取締役に就任。新規事業及び営業の責任者として、WEBコンテンツ事業、CS関連事業を担当。
2000年12月タイムライン株式会社 取締役副社長就任
2001年9月26歳のとき、有限会社チアーズを創業 代表取締役就任(SORAの前身)※2002年8月、株式会社チアーズへ組織変更。
2005年1月株式会社チーアズとタイムライン株式会社の経営統合により、株式会社SORAが発足代表取締役社長に就任。

編集者コメント

今回は、WEBインテグレーターのSORA代表、玉井社長にインタビューを行いました。

父親が経営者だった影響か、起業家精神が旺盛な方です。父親の会社が倒産するという辛い経験をしながらも、自身も経営者を目指す、生粋の起業人と言えるでしょう。

社会人1年目のときから起業を考えていたそうで、サラリーマン時代から積極的に起業の準備をしていたそうです。

これから起業しようと考えている方の中には、資金がない、人脈もない、と嘆いて諦めている方もいるのではないでしょうか。

インタビューをお読みになれば分かりますが、玉井社長は決して恵まれた環境ではない中からスタートし、諦めずに頑張り続け、会社を着実に大きくされた実績をお持ちです。

夢をお持ちであれば、このインタビューを通して、いつかそれが実現できるのではないかと、確信を得られるのではないかと思います。

創業はいつですか?

2001年です。もともとは株式会社SORAではなく、株式会社チアーズという会社でした。

お酒が好きだったので。プロジェクトが終わって「みんなお疲れ様!チアーズ(Cheers~英語で"乾杯"の意味)」というのが社名の由来。

創業して4年後、2005年にタイムライン株式会社と合併し、株式会社SORAになりました。

初めて起業しようと思ったのはいつですか?


社会人1年目のときです。

サラリーマンをしていて、自分が自分じゃないように感じ始めてしまったんです。

「おい新人!」って言われるのもすごくいやでしたね。

学生時代、誰よりも目立って、誰よりもおもしろくて、誰よりもコミュニケーション能力高いと思っていた自分が、社会に出たら「おい新人!」と言われてしまう…。

黒いワイシャツに赤いネクタイを締めるという変な抵抗手段に出たりして、あえて「お前なんだこの格好!」って怒られるようなことをしていましたね。

今思えば、誰かに認めてもらいたいという気持ちの表れだったんだと思いますが。

起業することに抵抗はありませんでしたか?

父も祖父も経営者ですし、親戚にも経営者が多かったので、抵抗はありませんでした。父が株式会社玉井広告を経営していたときは、とても羽振りがよかったですね。

庭師のおじいちゃんと家政婦さんまでいました。その頃は冷たい靴下を履いたことがなかったんですよ。

寒い日は、おばあちゃんがストーブで暖めておいてくれる。

ところが当然のことながら、経営していれば良いときも悪いときもあります。

そんな豪勢な生活から一気に小さな平屋のボットン便所になったことも。実は夜逃げも2回経験しています。

それはすごい体験ですね。小さいときから鍛えられていたということでしょうか?

それはあるかもしれませんね。

むしろ、サラリーマンの安定している生活に違和感がありましたね。あまり魅力も感じませんでした。

学生時代に起業したいとは思ったことはありませんか?

考えたことはなかったと思います。

ただ、後で起業しようと思ったときに、学生時代のワーキングホリデーの体験は、非常に自信につながりました。

大学を一年間休学して、ニュージーランドに行きました。

英語も話せない、お金も20万のみ、知り合いも誰もいない中、一年間暮らしてみたらちゃんと生きられたので、どんな環境でも自分はやれる、生きられる!という気持ちになりましたね。

起業したときも、そんなリスク抱えてお前よくやるなあ、と言われましたが、全然そんな風には感じていなくて、どこにリスクがあるんだ?別に大したことじゃないだろうと。

最悪、会社がおかしくなっても生きていける、という自信があるわけですね

そうです。

おかしくなっても、セブンイレブンでアルバイトすれば、15万くらいは毎月入ってくるだろうと思いましたね。

それだからこそ、新しいことにチャレンジできる支えにもなっている?

そうですね。

起業前にこういう会社を作りたい、どういう商売をしたい、といったイメージはありましたか?

社長になりたいなという思いの方が強かったですね。

社長になるためにはどうすればいいかを考えたら、できることはITしかありませんでした。

全然違う業種の営業代行をやっていた可能性もあるわけですね?


ありえますね。
とにかく新入社員が嫌でたまらなかったので、社長という形をもって自己表現したかったのかもしれない。

それに、世の中の社長達と対等に渡り合えるような環境に自分の身を置きたいと思っていました。

もうひとつは怠け者だということもあるかもしれません。

サラリーマンでは自分のパフォーマンスは絶対に出ないと思っていました。

会社を辞めてからはどうされたんですか?

最初はモジュレ株式会社の取締役に就任し、その後タイムライン株式会社で副社長をやりました。

それから26歳のときに株式会社チアーズを起業しました。

チアーズは、何人で始めましたか?

最初は1人です。

最初はお金が無かったので、自分を売り込んでいました。営業支援として自分を雇いませんか?と。

何社かと営業支援契約をしていただいて日銭は入ってきていました。

営業支援をシステマチックに標準化し、ITに特化した営業専門会社にしようとしたのですが、人が好きだったということもあり、いわゆるSESという常駐型のビジネスを始めたのが創業1年目の事業ですね。

派遣と営業支援がチアーズの二本柱でした。

このときの資本金はいくらだったんですか?

300万です。

社員はひとり?

社員は社長だけ。

派遣する人材もチアーズの社員はひとりもいなくて、フリーや協力会社の人でした。

1年目に役員を1人いれたんです。

そのときの役員はどこから?

当時、ストームボートプロジェクトという、サラリーマン中心の勉強会を月に一度開催していました。内容は、最新のニュースに対してのディスカッションや、ビジネスモデルの構築です。

そこに、この人は、と思う人をくどいて、勉強会に誘いました。

最初は勉強会そのものが目的だったのですが、途中からこの人達を創業メンバーに加えたいと思い始めたんです。

そこで、メンバーに「玉井さんと一緒に仕事したい」と思われるように、毎回議題に対して、綿密に勉強して参加しました。

最終的には勉強会から、3人ほど役員になりました。




 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
 19:00〜21:00
wbs
プロフィール
dreamgate.png
企画経営アカデミーは 新しいビジネスにチャレンジする、起業家の成長を支援しています。

代表の大槻が2003年より始めた塾からは、メディアにも取り上げられるスタートアップ起業家を何人も輩出。

最新のシリコンバレー流起業理論と、心理学を掛け合わせ。人間性中心の起業支援は日本でもここだけです。

起業理論をただコンサルティングするのではなく、起業家自身の人間的成長を中心にサポート活動を行っております。

詳細はこちら
HOME | 起業セミナー | 起業支援サービス | 起業支援ブログ | 起業オンラインセミナー | 起業家インタビュー | 企画経営アカデミーとは | プライバシーポリシー | お問合せ | サイトマップ