起業時に必要な資金っていくら?

PAK85_singadoll20140531500資本金制度の改正をした事により、「今や1円で起業できる!」と言う声が多く聞かれます。しかし、よく考えてみれば、起業に必要なお金は何も資本金だけではありません。事業に集中する以前に、思ってもみなかった出金でてんやわんやなんて事にもなりかねません。そこで今回は、起業時に気をつけておくべき必要資金について解説します。

 

1、登記費用

最低資本金制度の撤廃によって、現在では1円から起業が可能になりました。しかし、この事が逆に落とし穴になってしまう可能性はあります。自分で勉強して登記するという方法もありますが、時間も労力もかなりかかってしまう為、多くの人は登記作業を行政書司にお願いする事になります。この時点でだいたい、5〜10万円のお金が必要となります。更に、登記時に貼る印紙代で15万円、定款の認証代で5万円がかかります。従って、資本金が少なくても良いといっても、この時点で25〜30万円程度のお金が必要となるのです。

2、オフィス費

登記の次はオフィスですね。もしもあなたが都心で固定机を欲しければ、いくら安くても、一人当たり3〜4万円/月ぐらいは覚悟して置く必要があります。これは筆者が実際に都内のコアワーキングスペースや、シェアオフィスを借りようとした際の実感です。固定机が必要では無い場合は、ここから1〜2万円値引きする事ができる場合もあります。一般的なオフィスを借りるのならばこれ以上の料金がかかるのは当然ですね。だいたい半年分のオフィス費用を用意しておく必要があるでしょう。

3、人件費

業種や業態にもよりますが、人を雇う事も想定しておく必要があります。オフィス費用と同じで、半年分ぐらい用意しておくのが一般的です。

4、通信費

事業を行うならば、携帯電話は必須ですね。そして今や、インターネットを利用せずに成立する事業はほぼありません。プロバイダ料金なども事前に調べておく必要がありますし、サーバーを借りる必要がある場合もあります。

5、その他諸費

上記に上げたものの他にも事業形態や事業内容によっては、必要となってくる資金があります。また、名刺など、細々したものにも気を配っておく事も大切です。小さな事の積み重ねで、資金が尽きてしまうなんて事も少ないからです。オフィスを持つ場合には、その備品や光熱費も計算に入れる必要があるでしょう。

 

起業時は、ワクワクして舞い上がりがちです。しかし、起業時こそ、しっかり足下を固めておく事が重要です。起業をする前から、必要な資金を明確に計算しておきましょう。


カテゴリー: 起業お役立ち情報 パーマリンク

コメントは停止中です。